藤城清治 光と影の世界展

 8月1日(土)~9月23日(水・祝)10時~18時(月曜休館[ただし9月21日は開館]。金曜は19時半まで開館。入館は閉館の30分前まで)、京都文化博物館3F・4F展示室(京都市中京区高倉通三条上ル。地下鉄烏丸線「烏丸御池」5番出口より三条通を東へ徒歩3分。有料Pあり)。
 京都新聞創刊130年記念。雑誌「暮しの手帖」やNHK「みんなのうた」、キャラクター「ケロヨン」などで知られる日本を代表する影絵作家、藤城清治の展覧会。白と黒を基調にした初期作品、京都をモチーフに創作した新作、油彩画、水彩画あわせて約180点を展示。
 一般1200円(前売り1000円)、大高生900円(前売り750円)、中小生600円(前売り400円)。
 問い合わせTEL075・222・0888(京都文化博物館)。
 チケット取り扱いTEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:688-664、TEL0570・08・4005(ローソンチケット)Lコード:53717。

続きを読む

第13回 能装束・能面展 継承の美

 7月31日(金)~8月2日(日)10時~18時(最終日は17時まで)、京都文化博物館6F(京都市中京区高倉通三条上ル。地下鉄烏丸線「烏丸御池」5番出口より三条通を東へ徒歩3分。有料Pあり)。TEL075・222・1661(会期中のみ)。
 入場無料。
 問い合わせTEL075・551・6535(財団法人 片山家能楽・京舞保存財団)。

続きを読む

矢野信司 個展「南イタリアを描く」

矢野信司 個展「南イタリアを描く」より『過ぎ去りし日の詩』(アマルフィ) 7月28日(火)~8月2日(日)11時~18時(最終日17時まで)、ギャラリーカト(京都市中京区寺町通御池下ル西側。地下鉄東西線「京都市役所前」5番出口より寺町商店街へ約徒歩1分)TEL075・231・7813。
 問い合わせTEL075・231・7813、FAX075・231・7814(ギャラリーカト)。

長谷川宏美 個展

長谷川宏美 個展 7月28日(火)~8月2日(日)12時~19時(最終日17時まで)。ギャラリーヒルゲート1F(京都市中京区寺町通三条上ル西側。地下鉄東西線「京都市役所前」5・6番出口より寺町通を南へ)TEL075・231・3702(1F事務所内)。
 問い合わせTEL075・231・3702、FAX075・231・3750(ギャラリーヒルゲート1F)。

金剛家 能面・能装束展観

 7月25日(土)・7月26日(日)10時~17時、金剛能楽堂(京都市上京区烏丸通一条下ル。地下鉄烏丸線「今出川」下車徒歩5分。Pなし)。
 両日とも、11時・15時に解説あり。※会場内での撮影はご遠慮ください。
 入場料1000円。
 問い合わせTEL075・441・7222(金剛能楽堂)。

世界名作バレエ劇場『白雪姫』~キエフ・クラシック・バレエ~中丹文化会館公演

キエフ・クラシックバレエ『白雪姫』 7月24日(金)18時半開演(18時開場)、京都府中丹文化会館(京都府綾部市里町久田21-20。JR山陰本線「綾部」より徒歩約30分。P少あり)。
 本格的なクラシックバレエ団がおくる、子どもも大人も楽しめる作品。
 振付・演出=ゲンリフ・マイヨーロフ。
 指定席5500円(前売り・中丹文化会館のみ購入可5000円)、自由席5000円(前売り4500円)。※3歳以下入場不可。4月26日(日)よりチケット発売開始。
 
 問い合わせTEL0773・42・7705、FAX0773・42・7783(京都府中丹文化会館)。

西ノ京文化サロン「将来の食料に不安・お米の備えは」

 7月15日(水)19時~20時45分、山本工務店ビル1F(京都市中京区西ノ京冷泉町112番地御前太子町下ル。JR「円町」下車徒歩11分)TEL075・821・5650。
 岩波ジュニア新書「地球をこわさない生き方の本」著者の槌田劭さんに語ってもらいます。
 会費1回1500円。要申し込み。
 問い合わせTEL075・821・5650(山本)/FAX075・821・1062。

写真展「ゆうじ君のふしぎなカメラ」

 7月13日(月)~7月25日(土)9時~20時(最終日18時まで)、ギャラリー/喫茶ジロー(京都市伏見区下板橋町604。京阪本線・近鉄京都線「丹波橋」から南西へ徒歩約10分)TEL075・611・1133。
 自閉症障害を持つ京都府立桃山養護学校高等部3年生の米田祐二くんが撮り続けている“ふしぎなカメラ”画像をカメラマンの豆塚猛さん監修で初めての写真展を開催。彼の視線から見えるふしぎな世界です。
 問い合わせTEL075・981・5335(米田)。

こくたせいこ展─染仕事─

こくたせいこ 7月7日(火)~7月12日(日)10時~18時、ギャラリー妖精村(京都市中京区堺町三条上ルフォルム洛中庵1F。地下鉄「烏丸御池」5番出口より徒歩5分)TEL075・256・5033。
 文様や色を抽象化し、単純化していくことで生まれる「空白」。それは、様々な人の想いを招きいれ、作品に深みをもたらす要素となります。そんな懐の深さをもった意匠が魅力の染仕事をどうぞご覧ください。