第87回『P-act文庫』

12月20日(日)13時/16時開演(開場は各開演時間の30分前)、P-act(京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F。京阪鴨東線「出町柳」より西に徒歩10分、または市バス「河原町今出川」下車すぐ。Pなし)。

読みたい人の「読める」場所。聞きたい人の「聞ける」場所。ことばが声で届く場所。声が時間をつむぐ場所。月に1回、P-actが、そんな「P-act文庫」に早変わり。毎月メニューを替えて、出演者を募り朗読公演。P-actならではの、月イチ手作り公演。

出演=いくしまひろこ・棒手原金之助・飛鳥井かゞり

500円。
※要予約

申し込み・問い合わせTEL090・1139・2963、✉p.actmail0841@gmail.com(ピーアクト・飛鳥井)。

第31回 野むら山荘寄席

12月13日(日)11時半~14時、野むら山荘(京都市左京区大原野村町236。京都バス〔大原行き〕「野村別れ」バス停から徒歩15分。Pあり)TEL075・744・3456。

ランチ付きの落語会。

出演=月亭遊方、桂弥っこ

食事/11時半~12時50分
落語/13時~14時

6000円(食事・落語)。
※全席椅子席・40席
※要予約

問い合わせTEL075・744・3456(野むら山荘)。

第86回『P-act文庫』

11月29日(日)13時/16時開演(開場は各開演時間の30分前)、P-act(京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F。京阪鴨東線「出町柳」より西に徒歩10分、または市バス「河原町今出川」下車すぐ。Pなし)。

読みたい人の「読める」場所。聞きたい人の「聞ける」場所。ことばが声で届く場所。声が時間をつむぐ場所。月に1回、P-actが、そんな「P-act文庫」に早変わり。毎月メニューを替えて、出演者を募り朗読公演。P-actならではの、月イチ手作り公演。

出演=奈良実穂・高口祐子・飛鳥井かゞり

500円。
※要予約

申し込み・問い合わせTEL090・1139・2963、✉p.actmail0841@gmail.com(ピーアクト・飛鳥井)。

第58回こころ坂・楽々落語会

11月27日(金)19時開演(18時半開場)、集酉楽Syu-Yu-Raku・サカタニ(京都市東山区七条通本町西入ル日吉町222。京阪本線「七条」2番出口より東へ徒歩約2分、ファミリーマート2F)TEL075・561・7974。

「狸の賽」桂米輝、「血液検査」桂雀喜、「抜け雀」「けんげしゃ茶屋」桂米二
三味線=岡野鏡

一般3000円(前売り2500円)、ユース500円。
※ユースは25歳以下、要証明書
※50人限定
※乳幼児・マナー欠如の大人入場不可
※お酒が当たるミニ抽選会あり
※椅子席

申し込み・問い合わせTEL075・561・7974(サカタニ/月曜休)。

牛田智大 ピアノ・リサイタル 2020~ドラマティック・ショパン~

11月26日(木)19時開演(18時15分開場)、京都コンサートホール大ホール(京都市左京区下鴨半木町1-26。地下鉄烏丸線「北山」1番出口より南へ徒歩5分。有料Pあり)TEL075・711・2980(代)。


プログラム=J.S.バッハ/イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971、ショパン|ノクターン第16番 変ホ長調 op.55-2、ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調「葬送」 op.35、ワルツ第5番 変イ長調 op.42、ポロネーズ第6番 変イ長調 「英雄」 op.53、3つのマズルカ op.56、幻想曲 ヘ短調 op.49、バラード第4番 ヘ短調 op.52、舟歌 嬰へ長調 op.60

3500円。
※全席指定
※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL075・711・3231(京都コンサートホール)、TEL0570・000・777(ローソンチケット)Lコード:52263 ほか。
問い合わせ TEL075・252・8255(otonowa/10時~18時半。日・祝休。土曜不定休)

岡島隆幸 水彩画個展~欧州スケッチ紀行~

11月17日(火)~11月22日(日)11時~17時半(最終日16時まで)、ギャリエ・ヤマシタ1号館2F(京都市中京区寺町三条上がる天性寺前町534-2。地下鉄東西線「京都市役所前」より徒歩6分)TEL075・231・6505。

フランスの美しい村など現地スケッチを集めました

無料。

問い合わせTEL075・231・6505(ギャリエヤマシタ/火曜、第2・4水曜休)

第47回 錦昌亭寄席

11月14日(土)19時開演(18時半開場)、京染会館6F(京都市中京区四条通西洞院西北角。地下鉄烏丸線「四条」駅、阪急「烏丸」駅より徒歩5分)。

出演=桂宗助(2席)、桂吉の丞(2席)
演目=当日のお楽しみ

2500円。※要予約。全席椅子席

申し込み・問い合わせTEL090・3708・3835(事務局)。

クァルテット・エクセルシオ 第16回 京都定期演奏会

11月13日(金)14時開演(13時15分開場)、京都府立府民ホールアルティ(京都市上京区烏丸通一条下ル。地下鉄烏丸線「今出川」6番出口より南へ徒歩5分。Pなし)TEL075・441・1414。※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください

結成27年を迎えた弦楽四重奏団エクセルシオ。ゲストに柳瀬省太(ヴィオラ)を迎えてお届けします。

プログラム=ハイドン/弦楽四重奏曲 第33番 ト短調 作品20-3、ラヴェル/弦楽四重奏曲 ヘ長調、ベートーヴェン/弦楽五重奏曲 ハ長調 作品29

一般3000円、学生1000円、シニア(60歳以上)2000円、ペア5000円。
※全席指定

チケット取り扱いTEL075・441・1414(京都府立府民ホールアルティ)、TEL075・751・0617(エラート音楽事務所)ほか。
問い合わせTEL075・751・0617(エラート音楽事務所)。

上方落語勉強会特別公演

11月7日(土)14時開演(13時半開場)、京都府立文化芸術会館ホール(京都市上京区河原町通広小路下ル東桜町1。市バス「府立医大病院前」下車すぐ。京阪本線「神宮丸太町」より徒歩12分。有料Pあり)TEL075・222・1046。

開館50周年の特別公演。

出演=桂米二、林家正蔵(特別ゲスト)、桂米團治、桂宗助、月亭方正、桂二葉、
※演目は当日のお楽しみ

5500円(前売り5000円)。
※200人限定
※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL075・222・1046(京都府立文化芸術会館)、 TEL0570・084・005(ローソンチケット)Lコード:52016
問い合わせTEL075・222・1046(京都府立文化芸術会館)。

バシェ音響彫刻 特別企画 1970年大阪万博から50年~よみがえる響き ゆらめく身体~

11月7日(土)~12月20日(日)11時~19時(月曜休、但し11月23日は開館、翌24日休。最終日17時終了)、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA〔アクア〕(京都市中京区油小路通御池押小路町238-1。地下鉄東西線「二条城前」2番出口南東へ徒歩約1分。Pなし)TEL075・253・1509。※ご来場の際は公共交通機関をご利用下さい

バシェ音響彫刻は耳に響くだけでなく、身体に共振し、心の底の何かをゆり起こす。これは古い修復楽器ではなく、新たな発見をもたらす音の未来装置かもしれない。

展示/バシェ音響彫刻の展示。2015年より始まった京都市立芸術大学・東京藝術大学のバシェ音響彫刻共同研究・修復過程、研究成果。映像アーカイブ(万博当時の展示風景ほか)
コンサート・イベント/会期中にコンサートやパフォーマンス、ワークショップ、国際シンポジウム等のイベント開催予定

無料。

問い合わせTEL075・253・1509、✉gallery@kcua.ac.jp(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)。