千住真理子ヴァイオリンリサイタル


6月30日(日)14時開演(13時半開場)、京都府中丹文化会館(京都府綾部市里町久田21-20。JR山陰本線「綾部」より徒歩約20分、送迎バスあり/開演30分前と1時間前、綾部駅南口ロータリーより運行)TEL0773・42・7705。

幻の名器〝ストラディバリウス 〟 と運命的な出会いをはたした千住真理子の名曲の数々。

指定席3500円(前売り3000円)、自由席3000円(前売り2500円)。
※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL0773・42・7705、 ✉info@chutan.or.jp (京都府中丹文化会館) 。
問い合わせTEL0773・42・7705(京都府中丹文化事業団:谷口)。

松本ちひろフルートリサイタル

6月15日(土)14時半開演(14時開場)、澤井家住宅(京田辺市大住岡55。JR「大住」駅より徒歩10分)。

国から重要文化財の指定をうけている澤井家住宅での演奏会

出演=松本ちひろ(フルート)、  小笠原順子 (ピアノ)
プログラム=バルトーク _アルマ/ハンガリー農民組曲、ボルヌ/カルメンファンタジー、ヴァレーズ/比重21.5  ほか

2500円。

チケット取り扱い TEL080・6113・9312 (亀村) 、TEL090・2116・5446(松本)
問い合わせTEL080・6113・9312 (亀村) 、TEL090・2116・5446(松本)、✉ yuri2325pon@me.com




還暦&噺家生活40周年記念「桂米團治独演会」

6月2日(日)14時開演(13時半開場)、京都府中丹文化会館(京都府綾部市里町久田21-20。JR山陰本線「綾部」より徒歩約30分。 送迎バスあり/開演30分前と1時間前、綾部駅南口ロータリーより運行 )TEL0773・42・7705。
 
人間国宝〝桂米朝 〟 の遺伝子が迎える円熟の時。上方落語を背負う米團治の独演会をお楽しみください。

出演= 桂米團治、桂雀五郎、桂慶治朗

指定席3000円(前売り2500円)、自由席2500円(前売り2000円)。
※未就学児入場不可

申し込み・問い合わせTEL0773・42・7705、✉ info@chutan.or.jp (京都府中丹文化事業団:谷口)。

加藤健一事務所公演 『Taking Sides~それぞれの旋律~』

6月1日(土)14時開演(13時半開場)、京都府立府民ホールアルティ(京都市上京区烏丸通一条下ル。地下鉄烏丸線「今出川」6番出口より南へ徒歩5分。Pなし)TEL075・441・1414。※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください

20世紀前半に実在した、世界的に偉大なオーケストラ指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの生涯を題材に描いた問題作に、加藤健一が挑む!

ヒトラーの寵愛のなか芸術家としての天命を全うしようとしたドイツの巨匠フルトヴェングラー対ナチスの攻防の中で、人権無視の非道な惨劇を目の当たりにしてきたアメリカ軍人アーノルド。芸術と政治がともすれば陥る危うい闇を前に、2人の信念の旋律が熾烈にぶつかり合います。

演出= 鵜山 仁
作=ロナルド・ハーウッド
訳=小田島恒志、小田島則子

出演= 加藤健一、 今井朋彦(文学座)、加藤 忍、小暮智美(青年座)、西山聖了、小林勝也(文学座)

一般5500円(前売り5000円)
※終演後、加藤健一ほか出演者によるアフタートーク、交流会予定
※全席指定
※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL075・441・1414(京都府立府民ホールアルティ)、TEL0570・084・005(ローソンチケット)Lコード:52206 ほか。

問い合わせTEL075・441・1414(京都府立府民ホールアルティ/9時~18時、第1・3月曜休館、但し祝日の場合開館、翌日休)。

京舞と狂言

5月25日(土)14時開演(13時半開場)京都芸術劇場春秋座(京都市左京区北白川瓜生山2-116。市バス「上終町・京都造形芸大前」下車すぐ。Pなし)TEL075・791・8240。

京都の地で伝承され、独自の文化を育んでいる「狂言」と「京舞」。異種芸能でありながら両者が共通に持っているテーマを取り上げ、比較上演します。京都造形芸術大学出身でもある、京舞の井上安寿子、狂言の茂山忠三郎が出演。三年連続企画を予定しており、初回2019年度のテーマは「女」。

京舞/上方唄『三国一』 井上安寿子 ・ 井上葉子、 地唄『鉄輪』 井上安寿子
狂言/『 因幡堂 』 茂山忠三郎  他
トーク/ 茂山忠三郎、井上安寿子 ・ゲスト:田口章子

一般4000円、学生・ユース(25歳以下)2000円。
※全席指定
※学生・ユースは要証明書提示
※未就学児入場不可(託児あり/要予約TEL075・791・9437〔舞台芸術センター〕、生後6カ月以上7歳未満対象、1人につき1500円、5月17日(金)17時締切り
※車椅子利用の方・足の不自由な方、要問合せTEL075・791・8240(京都芸術劇場チケットセンター)

チケット取り扱いTEL075・791・8240(京都芸術劇場チケットセンター/平日10時~17時)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:492-742 ほか。
問い合わせTEL075・791・9437(京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター)。

京都・らくご博物館【春】~新緑寄席~

5月24日(金)18時半開演(18時開場)、京都国立博物館平成知新館 講堂(京都市東山区茶屋町527。市バス「博物館・三十三間堂前」下車すぐ。有料Pあり)TEL075・531・7504。

出演=桂慶治朗、桂鯛蔵、桂南天、桂ちょうば、桂米二
演目は当日のお楽しみ。

3100円。全席指定。※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL075・531・7504(京都国立博物館/平日10時~12時、13時~17時/祝日を除く)、京都国立博物館南門観覧券売場窓口(開館日の閉館30分前まで受付、但し5月24日は18時まで)。
WEB申込みフォーム
※WEB販売期間は5月6日(月・祝)まで。以降は窓口販売または電話のみの販売

問い合わせTEL075・531・7504(京都国立博物館)、TEL06・6365・8281(米朝事務所)。

第41回 錦昌亭寄席

5月18日(土)19時開演(18時半開場)、京染会館6F(京都市中京区四条通西洞院西北角。地下鉄烏丸線「四条」駅、阪急「烏丸」駅より徒歩5分)。

出演=桂宗助(2席)、笑福亭呂竹(2席)
演目=当日のお楽しみ

2500円。※要予約。全席椅子席

申し込み・問い合わせTEL090・3708・3835(事務局)。

湖南省安化伝統手工千両茶作りのすべて

5月18日(土)14時~16時、ちおん舎(京都市中京区衣棚通三条上ル突抜町126。地下鉄「烏丸御池」6番出口より徒歩3分。Pなし、周辺に有料あり)。

長さ166.5cm、重さ36.kg世界一巨大な千両茶は1862年頃に生まれたものの歴史の荒波に揉まれ一時期消滅していましたが、1997年茶業者たちの努力によって見事に甦り、今日の黒茶ブームの到来を生み出しました。その立役者となった呉健利氏の後継者呉昱瑾女士にその製造方法や地味の変化について、千両茶を飲みながら学ぶセミナーです。

3500円(茶請け付き)。
※要予約
※定員30人

チケット取扱いWEB申込みフォーム

問い合わせTEL090・8024・9931(宝迫)、 ✉tea@shinowazuri.com まで申し込み。

ヤネック・ツルコフスキ『マルガレーテ』

5月17日(金)~5月24日(金)、ロームシアター京都ノースホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13。市バス「岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ。Pなし)TEL075・771・6051。※ご来場の際には、公共交通機関をご利用下さい。

ポーランドの演出家ヤネック・ツルコフスキ、初来日公演。
フィルムに残された映像を手掛かりに、人間の記憶の生成や個人のアイデンティティを問う。演出家自らが少人数の観客と対峙して行われる、親密なソロ・パフォーマンス。

コンセプト・出演=ヤネック・ツルコフスキ

2000円。
※全席自由
※定員各回25席
※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL075・ TEL075・746・3201 (ロームシアター京都チケットカウンター ) 、TEL0570・084・005(ローソンチケット)Lコード:52359 ほか。

問い合わせ TEL075・746・3201 (ロームシアター京都チケットカウンター )

【公演時間の詳細】
5月17日(金)19時
5月18日(土)13時・17時☆
5月19日(日)13時★・17時
5月20日(月)15時・19時
5月22日(水)19時
5月23日(木)19時☆
5月24日(金)15時★・19時
※各公演時間の15分前開場
☆=ポスト・パフォーマンスあり
★=託児サービスあり(有料、要予約)

河野文昭プロデュース室内楽シリーズ Vol.5 カンマームジーク@アルティ ~室内楽の極み!弦楽五重奏の世界~

5月12日(日)14時開演(13時半開場)、京都府立府民ホールアルティ(京都市上京区烏丸通一条下ル。地下鉄烏丸線「今出川」6番出口より南へ徒歩5分。Pなし)TEL075・441・1414。※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください

「室内楽=カンマームジーク」というジャンルは、古今の作曲家が、ある意味で最も音楽的に深い作品を書き遺している世界と言えます。
プログラムは、①古今の名曲 と、②一度はぜひ聴いて頂きたい魅力ある作品、という二つの視点での選曲となっています。

出演=河野文昭(チェロ)、玉井菜採(ヴァイオリン)、永峰高志 (ヴァイオリン)、佐々木亮(ヴィオラ)、市坪俊彦(ヴィオラ)
プログラム=W.A.モーツァルト/弦楽五重奏曲ハ長調 Kv.515、A.ブルックナー/弦楽五重奏曲ヘ長調 WAB.112

一般3500円、学生2000円。全席自由。
※未就学児入場不可

チケット取り扱いTEL075・441・1414(京都府立府民ホールアルティ)、TEL0570・084・005(ローソンチケット)Lコード:55489 ほか。

問い合わせTEL075・441・1414(京都府立府民ホールアルティ/9時~18時、第1・3月曜休館、祝日の場合は翌日休)。