ステラーク×コンタクト・ゴンゾ「BODY OVERDRIVE」

ステラーク×コンタクト・ゴンゾ「BODY OVERDRIVE」サムネイル

 10月30日(土)~11月28日(日)10時~20時、京都芸術センターギャラリー北・南(京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2。地下鉄烏丸線「四条」・阪急京都線「烏丸」22番出口より徒歩5分。Pなし)TEL075・213・1000。※ご来場の際には、公共交通機関をご利用下さい。

若手作家とベテラン作家が出会う「新incubation」展
 この展覧会では、身体に対する過剰なまでの関心から、作品を生み出す2組のアーティストを紹介します。自分自身の、そして他者の身体を意識すること、感じること、触れること・・・日常生活においてごく普通のこれらの行為や感覚は、都市に守られ何でもヴァーチャルで済む便利な社会においては、希薄になりつつあると言えるかもしれません。それゆえ、それらの行為や感覚に真摯に取り組むことからはじめる彼らの表現は、鑑賞者の前に強い衝撃となって現れるでしょう。痛みや傷から目をそらさずに受け止めること、それはとても恐ろしいことでありながら、一方ではそこからしか知りえない現実を取り戻すための出発点でもあるのです。

  • 関連企画1 コンタクト・ゴンゾ パフォーマンス「下山のち爆音」
    パフォーマンス前夜は山に登る。山でチューニングした身体によるパフォーマンス。

    1. 10月31日(日)18時、北館スロープ周辺
    2. 11月21日(日)17時、フリースペース
  • 関連企画2 ステラーク パフォーマンス
    ロンドンでのパフォーマンスの様子をWEB中継します。
    11月18日(木)19時半、ギャラリー南
  • ※いずれも申込不要・入場無料

 問い合わせTEL075・213・1000(京都芸術センター)。

続きを読む

北山ハロウィン2010 パフォーマーグランプリ

北山ハロウィン2010

 10月30日(土)・10月31日(日)、京都府立陶板名画の庭(京都市左京区下鴨半木町。地下鉄烏丸線「北山」3番出口東隣)TEL075・724・2188。

 今回で13回目になる京都北山ハロウィン。手作り市やハロウィンパーティーかぼちゃカービングのほか、手作り市、屋台村などなど楽しいイベントが盛りだくさん! 北山全体がハロウィンモードに染まります。

 入場無料。

=出演パフォーマー募集=

 北山ハロウィン初のパフォーマーグランプリを開催。1対1のトーナメント方式で対決。優勝賞金10万円! 勝敗は観客の拍手・投票で決まります。
 パフォーマーエントリー費用3000円。
 京都北山ハロウィン | KYOTO KITAYAMA HALLOWEENサイトより応募用紙をダウンロード、記入のうえ、応募用紙に参加費3000円を添えて開催場所の京都府立陶板名画の庭1F受付まで持参し、申し込み。

 問い合わせTEL075・724・2188/FAX075・724・2189(北山ハロウィン実行委員会)。

続きを読む

邦楽ドラマ【高橋竹山生誕百年記念】高橋竹山 津軽三味線ひとり旅

 10月29日(金)19時/10月30日(土)14時開演(開演30分前開場)、京都府立文化芸術会館(京都市上京区河原町通広小路下ル東桜町1。市バス「府立医大病院前」下車すぐ。有料Pあり)TEL075・222・1046。
ドラマリーディング『高橋竹山 津軽三味線ひとり旅』
 1910(明治43)年、高橋竹山は青森県東津軽郡平内町小湊で生れた。幼い頃視力をほとんど失い、小学校もすぐにやめてしまった竹山は、いつしか、門付けして回る三味線弾きの後をついて歩くようになった。天性のものか、十三・十四歳の頃には大体の唱を覚えたという。十五歳で津軽三味線の師匠に弟子入りし、十七歳から一人で北海道から東北を門付けして歩く。戦時中に妻ナヨの勧めもあり生活のため、八戸盲唖学校に入学。戦後津軽民謡の大御所成田雲竹の伴奏者となる。
 1963年津軽三味線の独奏だけのレコードがはじめて発売された。これをきっかけに労音のコンサートで全国的に紹介されていくこととなり、竹山ブームが沸き起こる。これにより単なる伴奏楽器としてではなく、独奏楽器としての津軽三味線の地位を確立し、独自の芸境に達することとなる。渋谷ジァン・ジァンでのライブは、それまで民謡や津軽三味線に縁がなかった若者も巻き込み、その演奏はいまだに語り継がれている。物語は盲唖学校時代の同級生で、竹山に助けられ、生涯竹山を爺ッチャと呼んで慕っていたナミコの追想と共に進行する。
 演出=大間知靖子
 原作=高橋竹山・佐藤貞樹
 演奏=二代目高橋竹山
 出演=栗塚旭、高林由紀子
 一般5000円、シルバー・学生4500円。※未就学児入場不可
 チケット取り扱いTEL075・222・1046(京都府立文化芸術会館)、TEL075・441・1414(府民ホール・アルティ)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:111-667、TEL0570・084・005(ローソンチケット)Lコード:59818。
 問い合わせTEL075・222・1046(京都府立文化芸術会館)。

パーヴェル・エゴロフピアノリサイタル (財)青山財団助成公演

 10月29日(金)19時開演(18時半開場)、バロックザール青山音楽記念館(京都市西京区松尾大利町9-1。阪急嵐山線「上桂」より西へ300メートル。Pなし)TEL075・393・0011。※ご来場の際には、公共の交通機関をご利用ください。
究極のロシア・ピアニズム
 ソビエトからロシアへ。2つの時代を駆け抜けた伝説のピアニスト!!

 プログラム=シューマン/謝肉祭op.9、チャイコフスキー/子供のアルバムop.39、スクリャービン/2つの詩曲op.32 ほか。
 一般3000円、学生1500円。全席自由。※未就学児入場不可
 チケット取り扱い・問い合わせTEL075・393・0011(バロックザール青山音楽記念館)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:116-411。

工藤重典・野原みどりデュオリサイタル

 10月29日(金)19時開演(18時半開場)、京都文化博物館別館ホール(京都市中京区高倉通三条上ル。地下鉄「烏丸御池」5番出口より三条通を東へ徒歩3分。有料Pあり)TEL075・222・0888。
文化創造第9回室内楽のひととき 工藤重典・野原みどりデュオリサイタル
 巨匠ランパルの愛弟子であり日本が世界に誇る国際的フルーティスト工藤重典。ロン=ティボー国際ピアノコンクール優勝の実力派ソロピアニスト野原みどり。豪華デュオの夕べ──
 フルート=工藤重典、ピアノ=野原みどり。
 プログラム=モーツァルト/アンダンテ ハ長調K.315、ロンド ニ長調Anh.184、シューベルト/ソナチネ ニ長調D.384 op.137-1、ドップラー/ハンガリー田園幻想曲op.26、サン=サーンス/ロマンス、グリーグ/ソナタ第1番ヘ長調op.8、ビゼー(ボルヌ編曲)/カルメン幻想曲。
 3000円。全席自由。※未就学児入場不可
 チケット取り扱いTEL075・222・0895(京都文化博物館/月曜休、祝日の場合翌休)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:113-330、TEL0570・084・005(ローソンチケット)Lコード:55277。
 問い合わせTEL075・255・9733(文化創造京都事務所/月~金、10時~17時)。

マウリツィオ・ポリーニ ピアノリサイタル

 10月29日(金)19時、京都コンサートホール大ホール(京都市左京区下鴨半木町1-26。地下鉄烏丸線「北山」1番出口より南へ徒歩5分。有料Pあり)TEL075・711・3090。
 ピアノ=マウリツィオ・ポリーニ。
 プログラム=バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻 BWV846〜869 (全曲)。
 S席25000円、A席21000円、B席17000円、C席12000円。※未就学児入場不可、託児室あり(1歳以上/定員あり/要予約TEL075・711・2980)
 チケット取り扱いTEL075・211・0261(京都音協プレイガイド)、TEL075・711・3090(京都コンサートホール)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:110-916、TEL0570・000・407(ローソンチケット)Lコード:51372、TEL0570・08・9990(CNプレイガイド)、TEL075・751・0617(エラート音楽事務所)、TEL0570・06・9960(カジモト・イープラス)、イープラス
 問い合わせTEL03・3574・0550(カジモト)、TEL075・711・3090(京都コンサートホール)。

続きを読む

典枝舞一夜 情念から菩薩へvol.20

上方舞立花流典枝舞Vol,2 10月29日(金)19時開演(18時半開場)、法然院(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30。市バス「南田町」下車徒歩5分、「浄土寺」「錦林車庫」下車徒歩10分)TEL075・771・2420。
 出演=立花典枝(舞)、久田舜一郎(小鼓)、藤田千代美(語り)、野中久美子(能管)。
 演目=「〈井筒〉─能を舞ふ─」、「〈ペギーの光〉─ロマンロランより─」、「〈INORI〉─万華鏡に抱かれて─」。
 監修=中村貞夫(映画監督)。
 一般3500円(前売り3000円)、学生2000円。
 問い合わせTEL090・5974・3716(オフィスNORIYE)。

続きを読む

京都国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT」

 10月28日(木)~11月23日(火・祝)、京都芸術センター(京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2。地下鉄烏丸線「四条」、阪急京都線「烏丸」より徒歩5分。Pなし)TEL075・213・1000。※ご来場の際には、公共交通機関をご利用下さい。
 世界から舞台芸術の〈現在〉が集う。京都初の国際舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT」誕生。
 京都に新しい舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT(キョウト・エクスペリメント)」が誕生します。 「KYOTO EXPERIMENT」では、国内のみならず世界各国から最先端の作品を紹介し、さらに、ここに集う人々の交流によって、次代を切り拓く新たなヴィジョンが創造されるための開かれた場を目指しています。 京都は国際的な歴史都市であると同時に、多くのアーティスト・研究者・技術者たちが日々研鑽を重ねる、創造的なポテンシャルに溢れた都市です。そんな京都を舞台に展開するフェスティバルで、知覚を揺さぶるような体験と出会い、〈現在〉が更新されるその瞬間を目撃して下さい。

【公式プログラム】
  • 10月28日(木)~31日(日)、京都芸術センター講堂
    松田正隆/マレビトの会
  • 11月3日(水・祝)~7日(日)、京都芸術センターフリースペース
    三浦基/地点
  • 11月6日(土)・7日(日)、京都芸術劇場
    ジゼル・ヴィエンヌ
  • 11月11日(木)~14日(日)、ART COMPLEX 1928
    戌井昭人/鉄割アルバトロスケット
  • 11月12日(金)~14日(日)、京都芸術劇場
    ピチェ・クランチェン/ピチェ・クランチェン ダンスカンパニー
  • 11月12日(金)~21日(日)、京都駅ビル
    高山明/Port B
  • 11月16日(火)、大江能楽堂
    味方玄/京都芸術センター
  • 11月19日(金)~23日(火・祝)、ART COMPLEX 1928
    岡田利規/チェルフィッチュ
  • 11月20日(土)・21日(日)、京都芸術劇場
    渡邊守章/京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
  • 11月21日(日)~23日(火・祝)、京都芸術センター
    フェデリコ・レオン
【関連企画】
  • KYOTO EXPERIMENTフリンジ企画 “HAPPLAY”
  • KYOTO EXPERIMENTフェスティバル・茶会
  • KYOTO EXPERIMENTフェスティバル・フォーラム
  • KYOTO EXPERIMENTフェスティバル・ワークショップ
  • KYOTO EXPERIMENTフェスティバル・ミーティングポイント
  • 関連企画GOLD SEES BLUE_KYOTO展

 各公演によりチケット個別設定。
 チケット取り扱いTEL075・213・5839(KYOTO EXPERIMENT事務局/11時~20時)。※高山明/Port B『個室都市 京都』は別途取り扱い
 京都芸術センター窓口(10時~20時)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)。※公式プログラムチケット(『個室都市 京都』は除く)のみ取り扱い
 KYOTO EXPERIMENTオプション券=公演チケット+1000円。※もう少し京都を楽しむためのオプションチケット(ミーティングポイントでのスペシャルメニュー〔食事〕チケット、レンタサイクルの一日レンタルを利用できます。チケットを購入時に合わせて申込み)。
※オプション券単体、セット券と併用での取り扱いなし
※オプション券はKYOTO EXPERIMENT事務局(窓口・電話・オンライン)で購入されたチケットのみ対象となります。
 問い合わせTEL075・213・5839/FAX075・213・5849(KYOTO EXPERIMENT事務局/11時~20時)。
京都国際舞台芸術祭2010

映画監督・舩橋淳のエコーズ(微かな響き)

 10月28日(木)10時半(10時開場)、同志社大学寒梅館ハーディーホール(京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103。地下鉄烏丸線「今出川」2番出口より北へ徒歩約1分)TEL075・251・3270。※ご来場の際には、公共の交通機関をご利用ください
 いま国際的に最も注目される舩橋淳の長編映画全作と自作短篇、そして自身が選んだフレデリック・ワイズマンのドキュメンタリー映画を交えながら開催する、世界初の舩橋淳レトロスペクティブ。〈移動と時間〉。〈発見と喪失〉。〈存在と非存在〉。そんな、決して一緒になれないものが描かれた舩橋の映画は、まばゆいばかりの瞬間の連続と、その最もうつろいやすい状態をとらえ、掘り下げた「フィクションドキュメンタリー」である。過去への眼差し(レトロスペクティブ)がゼロ年代世代の先端と、いまぴたりと響き合う。

【上映スケジュール】
  1. 10:30 『谷中暮色』やなかぼしょく
    監督・脚本・編集=舩橋淳
    出演=野村勇貴、佐藤麻優、加藤勝丕
    (2009年/日本/107分)
    *2009年ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式招待作品
  2. 12:30 『福祉』Welfare
    製作・監督・編集=フレデリック・ワイズマン
    (1975年/アメリカ/167分)
    *1975年ヴァージン諸島国際映画祭金賞・審査員特別賞、1976年アテネ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞
  3. 15:30 『echoes』エコーズ
    監督・脚本・編集・プロデューサー=舩橋淳
    出演=エデン・ラウントゥリー、パオロ・パグリアコロ、ジョー・マリーノ
    (2000年/日本・アメリカ/72分)
    *2001年フランス・アノネー国際映画祭審査員賞・観客賞受賞など
  4. 17:00 シンポジウム
    ゲスト=舩橋淳、クリス・フジワラ(映画批評家)、大澤浄(映画学)、宮岡秀行(映画作家/スタジオ・マラパルテ主宰)
    ※舩橋監督による短編作品『Talkie & Silence』(1999年/17分)の上映あり
  5. 19:10 『BIG RIVER』ビッグ・リバー
    監督=舩橋淳
    出演=オダギリジョー、カヴィ・ラズ、クロエ・スナイダー
    (2005年/日本・アメリカ/105分)
    *2006年ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式招待作品

 1日通し券:一般1200円、Hardience会員・学生1000円。
 ※同志社大学学生・教職員無料(同志社内諸学校含)
 問い合わせTEL075・251・3270(同志社大学今出川校地学生支援課)。

松田正隆/マレビトの会『HIROSHIMA-HAPCHEON:二つの都市をめぐる展覧会』

 10月28日(木)~10月31日(日)、京都芸術センター講堂(京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2。地下鉄烏丸線「四条」・阪急京都線「烏丸」22番出口より徒歩5分。Pなし)TEL075・213・1000。※ご来場の際には、公共交通機関をご利用下さい。
「展覧会」形式の演劇パフォーマンス。
作品の始まりと終わりは、観客にゆだねられる。

広島から始まる旅。朝鮮半島への、韓国の広島、ハプチョンへの。
そして広島のなかの朝鮮を見つめる旅。
われわれのなかのかれら、かれらのなかのわれわれ。
それは郷愁をかかえこむ身体への抵抗であり、異境へとわれわれを開く方策である。
 舞台監督=岩田拓朗
 演出=松田正隆
 出演=生実慧、川面千晶、桐澤千晶、黒坂祐斗、児玉絵梨奈、駒田大輔、島崇、武田暁、チョン・ヨンドゥ、西山真来、F.ジャパン、山口惠子、山口春美
 一般2300円(前売り1800円)、高校生以下1000円。※リピーター割引(2回目以降1000円)
 チケット取り扱いTEL075・213・5839(KYOTO EXPERIMENT事務局/11時~20時)、京都芸術センター窓口(10時~20時)、TEL0570・02・9999(チケットぴあ)Pコード:406-401 ほか。
 問い合わせTEL/FAX075・708・8025(マレビトの会)。

続きを読む