HOME子育てフォーラム出産 > 家庭分娩の魅力─「おさんしんぽ」より

家庭分娩の魅力─「おさんしんぽ」より

 日本共産党京都府委員会は15日、京都市左京区の京大会館で出産や妊婦をとりまく問題について考える「おさんしんぽ」を行い80人が参加しました。
 パネリストとして報告した開業助産師の高橋律子さんの発言(大要)を紹介します。

家庭分娩の魅力

 奈良で出張専門の開業助産師をしています。主に家庭分娩についてお話ししたいと思います。この中には私がお産をお手伝いしたお母さんがお二人ほどお見えになってますし、家庭分娩なんてどんな感じ? とお思いかもしれません。まだまだ数は少ないです。
 10年前に0・1%で、今0・2%になったばかりで、非常にマイナーな存在ではあるんですが、私は96年から家庭分娩を始めてきました。
 その人たちのお手伝いをするなかで、その人たちが何をお産で大事にしたいのか、お産の価値とか人生におけるお産の意味とかを教えてもらいましたので、今日は家庭分娩している立場から、こういうもう一つの生み方があるということを知っていただき、写真なども用意しましたので、お産問題を考える方向性のひとつ、ヒントになればいいなと思います。
 家庭分娩は生む力、育てる力を取り戻すものだと思っています。
 まず、お産の歴史を紹介したいと思います。
 室町時代以前の出産というものは、近所の方や家族の方がお手伝いされて、産婆さんがシャーマンのような存在で、あの世からこの世へつながるというような、文化人類学的にはそういう存在でした。
 明治30年に日本全国で統一された産婆規則ができ、統一された産婆さんが生まれ、ドイツ医学をとりいれていきました。
 第二次大戦後、GHQが入り、自分たちのように医者と看護婦でお産を見るのを導入しようとしました。アメリカには近代産婆のシステムがなく医者と看護婦だけがみていたです。
 60歳以上の方はほとんどが家でお生まれになっているんです。そのころは産婆さんは6万数千人いたというんですけれども、数が減っていきました。今いる2万人あまりの助産師はほとんどが医療機関で働いていまして、問題なのは助産師がみんなの目に見えない存在になって、影がうすいということなんですね。
 少し前までは、「助産師という仕事があったんですね」と、言われたこともあります。

 もう一つの変化は医療機器を駆使したり、陣痛誘発など、出産が医療化してきたんです。妊婦さんが「病院行って産ましてもらう」ものという認識になってきて、自分が「産む主体だ」という思いが希薄になっています。日本はこういう変化が5、60年の間でゆっくりと起こりました。
 私は99年に半年ほどネパールに行く機会があって、そこのお産の様子をじっくり見させてもらったんです。この家はバスで10時間ほどかかり2日ほど歩いていくようなところだったんですが、医療機関が無く、お母さんたちはみんな99%家で産むんです。日本とは逆なんです。
 このお母さんは15歳くらいなんですが、半年ほど前に家で子どもを産んだといっていました。
 この写真では、若いお母さんたちを病院に呼んで衛生教育しているんです。この方たち全体は13歳くらいから、20歳くらいで2、3に人産んでるんですよ。ここで「どうやって産むの」「お産って怖くない?」と聞くと、お母さんは、「はじめは怖いけれど2回目からは赤ちゃんが自分で降りようとしているのが分かります」と話します。
 「いま赤ちゃんがこうしています」と自分で実況中継しながら出産される人もいます。この人たちは若いんですが、みなさん母親としての自信にあふれているんです。
 医療というのはリスクのある、妊娠、出産に対して大きく貢献します。しかし、高度に医療が発展した日本で、あえて家庭分娩を選ぶことについて、お母さん方が何を求めているのかを話したいと思います。
 みなさん家庭分娩にはいろんな思いがあるんですが、それぞれお顔がちがうように、家庭のお産は個別的で、いわゆるオーダーメイドのお産になるわけです。赤ちゃんを産んで赤ちゃんを産む以上のものを得るものになっていると思います。 私がお手伝いした、4人、5人と子だくさんのお母さんらが家で生みたいと切実におっしやるんです。
 この方は奈良県の山添村で、5人目の赤ちゃんを家庭出産されて方なんです。自分なりに子どもたちにどうやったら命の大切さを伝えられることができるんだろうと考えて、みんなの前で子どもを産むために5人目を妊娠されたんです。
 これまで、このご主人は、数時間でお母さんが赤ちゃんを産んだから、ごく簡単に産んだかのように受け止められていて、「今度こそお産を実感して欲しい」とお母さんが家庭分娩されたんです。
 家だと、やはり緊張感がなくて、9時ごろから陣痛が始まったんですが、ご主人は居眠りしておられたりすることもありました。なかなか生まれなかったんです。朝4時、5時ころになっても生まれなくて、結局18時間かかりました。はじめはご主人は緊張感がなかったんですが、涙、涙のお産になりました。「どんな命も簡単には生まれないんだよ」と、みんなでお産を体験することができたんですね。
 2年生の長女のおねえちゃんが「おかあさんありがとう」と思わず泣いてしまったんですね。お姉さんがやさしい手で赤ちゃんをなでてあげてあげていました。
 家庭分娩というのは、親子とか夫婦とか家族がハラハラしながらも体験して、絆を実感するものだと思います。お産を体験することで人間関係の質が深まるなと思っています。そういうものをもっともっと大切にしてほしいと思います。
 オランダの家庭分娩のようすです。隣のおじさんに見せているんです。笑顔をみてあげてください。あかちゃんが生まれてくる力があるのを体感するのがすごく大事だと思います。お母さんが、赤ちゃんに生まれてくる力、育つ力があるのを感じる体験になるでんす。
 これは水中分娩されている方です。水中分娩ではトランス状態になるんです。本当に気持ちいいんです。エンドルフィンが出て、陣痛を乗り越えて、自分が力を出し切って、汗も涙も鼻水も全部出し切って、一種の浄化作用なんです。女性は一皮むけて、お産は心のデトックスだと思うんです。
 お産というのは痛いとかつらいとかいうことじゃなくて、こういうお産の目に見えない精神的な価値をみんなに知ってもらいたいと思います。
 みんながお産はこうありたい、と声を上げていくことが大事だと思います。
 産科の立場からすると出産の際の死亡率だとか、目に見える指標がいま、世の中がリスクインフォメーションとしていっているんですけれども、お母さんたちにはお産のリスクも知ってもらい、同時にお産のすばらしさも偏りなく知ってほしいと思います。その上で自分で産み方を選び取っていただけたらうれしいと思います。

updated: 08/6/25
この記事へのコメント

 家庭分娩は素晴らしい考え方だと思います。しかし、今の産科医療の現状からすると手放しで賛成出来ない気持ちがあります。
 産科医や助産師が余るほど多くいる現状でしたら、様々な方法でお産を取り上げる形もありだと思いますが、お産をする施設が足りないといった現状では、まず分娩を扱える施設(総合病院・診療所問わず)に助産師の方は勤務し、分娩を取り扱うことを優先して欲しいと思います。


 助産師が足りなくて、分娩制限をしたり、お産が出来なかったり(医師がいても)といった病院が数多くあります。家庭分娩も提携できる医師を確保しなければなりませんし、実際その余裕すらないのが産科医療業界です。

 失礼ですが年間僅かな患者さんの為に、貴重な助産師を取られてしまって多くの患者さんが分娩する施設に困るのは矛盾を感じます。
 偏見もありますが、医師に従いたくない、助産師としてのプライドを保ちたい、自分で好き勝手にお産を取り上げたいといったエゴも感じます(もちろん、表立っては患者さんの為、納得のゆくお産の為と言われると思いますが…。)


 私は、家庭分娩を否定しているのではありません。むしろ人にはいろんな価値観があるように、お産の形も人ぞれぞれで良いと思います。ですが、産科医療崩壊が叫ばれる昨今にあって、その大きな原因の一つが助産師不足にあることは明白な事実です。
 ですので、助産師の方は、本当に患者さんの事を考えるならば、今優先すべきことは何なのかを考えて欲しいのです。


 助産師はお産を取り扱ってはじめて助産師としての役割を果たしたと言えます。しかし、現状は、お産を扱っていたない施設に助産師が何人も勤務していたり(施設が看護スタッフとして手離さない)、あてのないDrを手配するという名目で施設に残っていたりする事例が多すぎるような気がします。
 助産師は国家資格です。国や地域に貢献する義務があります。今現在、その貢献すべき最優先は、お産を扱う施設へ行って、出来るだけ多くのお産をとることだと思います。