今回はじめて、日本共産党の森下よしみ府議候補の選挙はがきに推薦人として名前を出しました。安倍政権を倒すため、頑張ってほしいと思います。

 15年の安保法制(戦争法)の強行以降、八幡市でも、「1000人委員会」と憲法共同センター、「9条の会」のメンバーらがともに行動し、強い信頼関係を築いてきました。そして昨年、アベ改憲に八幡から反対の声を上げようと、「安倍改憲NO! 八幡市民アクション」を結成し、改憲反対署名を呼びかける街頭活動・講演会などを行っています。

 その中でも、森下さんはじめ共産党の方々といっしょに行動するようになりました。安倍政権を打倒するには、野党共闘が必要です。共産党は、統一地方選でも京都市議会の東山区選挙区で、市民と野党の共同候補として、白坂ゆうこさんを支持することを決められるなど、共闘に奮闘されています。白坂さんの事務所開きに私も参加しましたが、本当に党派を超えた共同が広がっており、八幡とともに期待しています。

 また八幡選挙区は、定数2を自民と「維新の会」と争う選挙区です。維新は党利党略で大阪府知事・市長のダブル選を仕掛けながら、アベ改憲にも協力する勢力です。森下さんには、自民にも維新にも勝ってもらい、アベ改憲ノーの流れを大きく広げてほしいと願っています。(日本キリスト教団牧師)