http://www.kyoto-minpo.net/entertainment/00200_cinema_review/00201_/

海と大陸

海と大陸 南イタリアのシチリアから遠く離れた地中海に浮かぶリノーサ島。漁業が盛んだった島も衰退の一途を辿り、人々の暮らしも変わろうとしていた。父を海で亡くした20歳のフィリッポも、漁師を続けようとする祖父、観光業に転じた叔父、本土で新生活を始めたいと願う母との間で、戸惑いを隠せずにいる。そんなある日、アフリカからの難民、サラとその息子が、決死の覚悟で海を渡ってきた。海の掟を重んじる祖父は、法を無視して母子を救うが、この行為が波紋を起こすことになる…。
 アラブの春以降、ヨーロッパ諸国で深刻化している移民・難民問題。とりわけイタリアにおいて、政府は排他的・非人道的な姿勢を打ち出し、さらに国内の南北格差によって、問題が複雑化している。本作は、そんな歪んだ現状に異を唱え、人間の良心とは何かを描いた感動作。(京都シネマ)
twitterでコメント

作品情報

  • 出演:フィリッポ・プチッロ、ドナテッラ・フィノッキアーロ、ミンモ・クティッキョ、ジョゼッペ・フィオレッロ
  • 監督:エマヌエーレ・クリアレーゼ
  • 製作年:2011
  • 製作国:イタリア、フランス
  • 配給:クレストインターナショナル
  • 時間:93分
  • ジャンル:ドラマ
  • 原題:TERRAFERMA
  • レーティング:PG12
  • 公開日:13/04/27
  • 京都シネマの上映情報
コンテンツ企画協力:京都シネマ